PROTECh GOTANDA

ptgotanda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちょいとインプレ( 5 )


2010年 10月 29日

NEWXTRのブレーキ

ども。毎度毎度のタナカです。




今回は通勤者号にNEWXTRを付けました!
c0228626_0224753.jpg

980XTR BRAKEset

今月中旬(発売前)にちょっと試乗してもうヤラレテしまったので、
早速導入しました。

特に今回はよりタッチが分かりやすいようにとレバーは『レース』をチョイスしました!!

じゃあ早速組み付けですが、
ホースも専用っぽくインサート(ジョイント)も全然太さが他のSHIMANOブレーキと違います。(実は今までのは旧XT以外は…)

でもってメカ的にびっくりなのは、
c0228626_0382930.jpg

ねじ頭が4mmです!!
今までは、5mmだったのですが(M6ですね)、XTRはレバーもキャリパーも4mm(ホースジョイントだけ3mmです)!
おそらくねじ山をなめさせちゃう人がいるから&軽量化何でしょうかね。
実際、ポストマウントが普及してきたので、なめちゃうと大変なんで良いかもしれませんね。(ポストマウントでは本当にコストもかかるし、面倒…)

あとは
c0228626_0494032.jpg

フルセラミックのピストンです!!
おまけに
c0228626_0532428.jpg

FKBL-M575用のじょうごが使える上、キャリパー~レバーが一直線でラインが確保されているので、

今回の一番の驚き!!

ブリーディング・エア抜きが
早い・簡単!!

これ重要です。

で早速装着
c0228626_0581230.jpg

c0228626_0591436.jpg

映えます!タッチもGOOD!!



当たりが雨で出せていないので、走行面はまた後日。




あ~夕方来たアレ早く組んで明日というか今日UPします~~。
[PR]

by ptgotanda | 2010-10-29 01:09 | ちょいとインプレ
2010年 10月 01日

GT FORCE CARBON PRO

こんばんは。タナカです。


そして、
c0228626_3245850.jpg





私田中のニューマシン、FORCECARBON PROです。
ノーマルでも、MAVICやフルXTRなど申し分ありませんが、
今回は雑誌撮影や自分らしい自転車がよかったので、改造してあります。悪しからず。




というわけで、色々走りまわって、分かった事などを早速報告させて頂きたいと思います。

まずフレームは、写真や車種名からも分かるように、フレームは『カーボン素材』。
今やGTのフルサスペンションの代名詞である『i-DRIVE』。

この二つのハイテクマテリアルとハイテクシステムは魅力的で、興味も湧きます。

以前、旧i-DRIVEシステムのアルミフレームは乗ったはあるのですが、その時の印象は、
【漕げるけど重い】というものでした。
しかしカーボンフレームにより昔は15kgオーバー、今現在よりも1・5kg減の総重量12kg台(実測12.32kg)という軽量化、
それにより車体の中心部であるドライブトレインにi-DRIVEシステムにより、低重心・バランスの最適化され、
【漕ぎが軽い。コーナーが安定する。】という印象を受けました。

漕ぎの軽さの要因を付随すると、標準装備であるFOX RP23とi-DRIVEも大きいと思われます。
RP23のウリである『プロペダル機能』によりペダリング時のストロークを抑えるので、i-DRIVEのチェーンテンション保持と
伴って漕ぎも軽いのはもちろん、ギャップのあるコーナー立ち上がりでも踏み込めて、安定感も得られます。
街乗りをメインで乗られる方は、プロペダル+ロックアウトの『RPL』など使えば幅広く楽しめると思います。

サスペンションついでにフロントサスペンションは可変機能付きのFOX TARASが標準装備。
なのですが、正直この車体は150mmオンリーでOK。むしろヘッド位置が変わり、全体のセッティングバランスが大きく崩れる為、
乗りにくくなってしまいます。おそらく、ピボットのシンプルさ故のリア周りの基礎位置が変わりやすいからかと思います。
必要であれば、きつい上りでのヘッドが上がる時に下げてやる位でしょうか。他でしたら、リモートロックアウトがある方がロングライド時には
有効活用できると思います。
ヘッド周りは太いものの、オーバーサイズ。十分すぎる剛性確保は出来ていますが、テーパードになればおそらく、≪鬼に金棒≫でしょう。

最後にこのFORCEシリーズ、実際にアルミモデルを乗ったのですが、共に前後バランスが良くアルミでも十分ですが、
取り回しやコーナーリングの異次元を味わうならカーボンだと思います。ガンガン攻め込みたいならアルミ。
エンド周りもラッカス用の12mmに変えれるので、2台持っていてもきちんと振り分けれる面白いフレームだと思いますし、
1台で色々な事をこなせる、優秀なフレームだと思います。

c0228626_3272261.jpg





知っている中でも何人か気になっちゃう方は参考に、気になっちゃった方は是非是非遊びに来てください!
[PR]

by ptgotanda | 2010-10-01 00:00 | ちょいとインプレ
2010年 09月 23日

ふじてん

こんにちは!田中です。



少し前なのですが、今年からオープンした『ふじてん』のMTBパークに行って参りました。

c0228626_16261794.jpg




もっと早くアップしたかったのですが、なんか書き溜めるって難しいですね。
消えちゃったり何だりで一気に書いているので、こんな時間。。。。

追記、ニューマシンのインプレと同時にアップ断念しました…
ちなみにこんなの
c0228626_1636391.jpg



早速、ご報告&インプレです!!

今回当店の田中と斎藤、お客様(というか常連さんというか)3名で行ってきました。
初心者2名、おまけに1人は女の子。下り系のコースは大丈夫か??と思いましたが、
中級コースでもマシンがしっかりしてれば大丈夫なようです。上級的な所はフルサスじゃないとキツめかもですが、
基本的には、ハードテールで下り好きな方には、コースレイアウト・セクション的に基礎を身につけるには良いかもしれませんね。
なので、今回初心者でも予行演習(?)をしてる2人は結構楽しんでましたよ!!
c0228626_16322742.jpg

c0228626_16323652.jpg



※ちなみにスピード狂の方もご安心を!直滑降(芝)あります。
僕は芝嫌いですが…


でも私一人、前後150mmのフルサス。正直若干物足りないかなと。。
でも速く走ったら楽しそう…来年は行くぜ!!

路面自体はガレガレという感じはなく、1年目特有の荒れがありますが、乗りやすい土です。
ですので、低いノブのタイヤでもOKかな?と。



ただ、今年の夏は猛暑過ぎてとりあえず麓は暑い!!おまけにフルフェイスで暑さ倍増ですが、
クワッドリフトで上がると、、、
c0228626_16361428.jpg





c0228626_16374083.jpg

こんな感じです!若干涼しいし、景色のよさで暑さも吹っ飛びます!




近くにはお花畑もあり、心癒されますね。
c0228626_16405515.jpg



残念ながら8月31日でリフト終了かと思ったら、

『リフト運行は、11月3日までの土・日・祝はリフト運行をいたしますのでご利用下さい。』とのこと。

皆様当店で車体購入しちゃって思う存分楽しんじゃってください!!(笑)

また、SALEも継続しておりますよ~

コーナーも着々と♪
c0228626_16291841.jpg



P.S.斎藤選手が顔着したのはオフレコで!
[PR]

by PTGOTANDA | 2010-09-23 16:37 | ちょいとインプレ
2010年 06月 09日

WAKO‘Sチェーンルーブ

こんにちは!

最近フレームをかえたので、若干お尻が痛い。
やはりUSアルミMTBは慣れが必要です…

田中なにがしです!(笑)


そんな中、インプレ第二弾


c0228626_18442911.jpg

WAKO‘s CHAIN LUB  ¥1,680-


遂に出ました!!今月発売したばかりの
浸透性チェーンルーブです!!

今までは、バイク用の白ーくなる自転車には使えない(重すぎるため。)ルーブだったので、
自転車には、メンテルーブとラスぺネでやっていました。

もうWAKO`Sフリークの方もチェーンルーブもワコーズですね。


では、実際サンタちゃんでの感想を。


チェーンルーブを使いだして一週間。走行距離は100キロ弱。
現在、がれ場や雨天走行も試しましたが、まだ残っています。
おそらく『ラスぺネ』よりはモチが良いようですが、若干吸着率・擦れによる黒ずみは多いようです。ですが、『メンテルーブ』程ではなく、まさしくワコーズを知っている人には満足できるケミカルになるでしょう。

自分は変速を良くする方だが、特に距離を走って落ちるということはないし、むしろそこの部分では、『ラスぺネ』を使った時のような入りやすさが体験できました。
また水置換性を採用しているので、防錆効果が期待できます。
ただその分粘度は薄く、200kmが限界でしょうが、メンテナンスを最低月1~2回する人には十分だと思います。

触った感触なんですが、フッ素系なので同社『フッ素105』みたいな感触を期待したが、どちらかというと、シリコーン系に近い気がします。その割にちゃんと説明文通り作業を行えば、【飛び散り】も皆無。そこがさすがワコーズ!


総評としては、決戦は勿論、練習や軽いライディングにも対応できるチェーンルーブです。
ただ、かなりのロングライドやランドナー等の旅とかでは、『携帯して切れたら差す』というのをオススメします。しかし、オンロード100%では無いので何とも言えませんが、若干黒ずむのでキレイに乗りたい方には小まめな洗車がベストです。なのですが、黒ずみもチェーンだけで、特に飛び散ることはないので、おそらくオンロードなら問題なく使えると思います。




これは、バイク・自転車をお乗りの方は、一家に一本あれば便利ですよ!!





追伸:遂にアレが堂々入荷しました…
明日をお楽しみに!!!
[PR]

by PTGOTANDA | 2010-06-09 19:42 | ちょいとインプレ
2010年 06月 05日

クランクブラザーズ コバルトホイール

こんちはー!



最近物欲の嵐再来な
田中です。


早速ですが、チョット物欲の季節にもなってきましたし、もう一人『物欲人サイトウ』も居ますので、『チョットインプレ』という項目を作ってみました。

比較対象や購入検討にでも使ってみて下さい!!
また、気になるパーツ等御座いましたら、ドンドンお問合せくださいませ。

もしかすると、いんすとーるして試しちゃうかもしれませんよ!サイトウさんが(笑)





先ずはボク、チャージから乗り換えました!←念のため、、、またチャージも復活させますが。

まあ、これの詳細はまた。





という訳で第一弾は、、、


c0228626_11173643.jpg

crankbrothers cobalt ¥102,900-
いきなりホイールです!(笑)
おまけに、マウンテンホイールな上に定番じゃない(?)かなりマニアックホイールです。

でもでも、
これが装着前。
c0228626_111707.jpg


これが装着後。
c0228626_1118653.jpg



かなり変わります!

正直、究極のカラーカスタムかもしれませんね!
なぜなら、全カラーがコチラ。
c0228626_11252786.jpg


それでいて、前後で1540gと一般マウンテンホイールより500gから1kg以上軽く、ロードホイールの中でも軽量の内に入るぐらいの軽さです。

本来はマウンテンパーツはやはり山で試すのですが、時間が取れなかったので、ダートとオンでの感想になってしまいますが、インプレッションでも。(またトレイルで乗ったら書きます!)

感想は、MAVIC CROSSMAX SLRと比べるとカタログ上20g重いのですが、実際乗るとニップルが内側に設置している為か、MAVICと比べてもやたらハンドリング、倒し込みは軽い。
スポークが少ないので、剛性弱くすぐしなってしまうのかと思えば、むしろ『硬い』位にあるし、前後左右のバランスもキレイに取れているのでキッチリ行きたい方向に力が掛けれます!
これはスポークを高剛性・軽量の『SAPIM』製をチョイスしている為なのでしょうか。

但し、チューブドのタイヤで低圧だとチューブとタイヤのズレ、若干ホイールの硬過ぎる感が出て来てしまうので、フツウ乗りでは乗り心地は低下した気がします。トレイルなどで乗る時はUST(チューブレス)のタイヤ自体のしなりを使って試したいですね。


c0228626_11185752.jpg

ハブは某有名ハブメーカーと同じ工場で作られているらしく、とても澄んだ甲高いノッチ音。確かに今のハイエンドの96ノッチなどが多数出ているなか48ノッチなのですが、XCやトレイルバイクはこれで十分だと思います。

メンテ性は、工具レスでフリーが外せたり出来るという『イジり好き、メンテ好き』に取ってはとても有難い仕様となっております。
ただ、逆に雨降ったらフリーを外して乾かしたりとか、定期的にバラしてグリスを打ち変える事をしないとベアリングの寿命が短いかもしれません。

c0228626_11192339.jpg

取り付けについては、スプロケットが、スパイダーアームなどで後ろリベットがある物ではボディーと干渉してしまい使えないので、デオーレの『重い物』かXTRやスラムのX-0等の『高い物』しか使えないで注意が必要です。
あとは、特に一般的な六穴で精度も高いので、心配なく付けられると思います。

ちなみに付属のクイックレリーズはクランクブラザーズお決まりのツーレバー。初めて使いましたが、これは軽いし、力要らず!女性の方で輪行する方やガッチリ付けたい方にはピッタリです。

c0228626_11195426.jpg

※この黒/金は単品販売されてなく、ホイール買わなきゃ手に入りませんよ!


総評としては、ホントに良く出来たホイールです。今回のモデルはXCレース用でしたので、かなりピーキーな部分もあります。フォークのフィッティング形式はかわるのですが、オールマウンテンやフリーライド用もあり、そちらはかなりしなやかさが生きているらしいので、トレイルランドで乗り心地優先の方は若干の重量増ですが、クランクブラザーズの『アイオダイン』も有りだと思います。

ちなみにアイオダインは
c0228626_11272524.jpg




今年から定価改正され15万円台だったのが10万円台。かなりコストパフォーマンスは高いです。
メカ好きでメカっぽいのも好きでキッチリ踏みたいMTB乗りの方もMTB完組一辺倒の中で手組もちょっと飽きたかなと方にもオススメしたいホイールです!
[PR]

by ptgotanda | 2010-06-05 11:23 | ちょいとインプレ